sponsored link

岩盤浴の際にとる水分は、お茶やジュースではなく、ミネラルウォーターがベストでしょう。それも、冷えたものでなく、室温よりやや高めのものがもっとも身体に負担をかけません。冷たいお水をきゅーっと飲んだりすると、内臓に負担をかけてしまいます。もちろん、ビールは水



岩盤浴は女性を中心に人気を誇っているため、男女の岩盤浴場を別にしている施設がほとんどです。女性のために、ハーブティを提供していたり、パウダールームを充実させていたり、女性をターゲットにした岩盤浴施設もよくあります。
岩盤浴ってもうブームを通り越して、定番化していますよね。昔のサウナのように、今後ますます普及していくと思います。岩盤浴は身体への負担が少ないのに、温泉やサウナなどのような効果、もしくは、それ以上の効果が得られるので、リピーターが多いのも特徴でしょう。
岩盤浴で使用する岩盤の原料の中でも、神黒石(黒煙ケイ石)にはマイナスイオンが豊富にふくまれていて、血液の浄化作用、細胞の賦活作用、抵抗力の増加、自律神経の調整などの効果があるといわれています。でも、あまり効果があるとうたってしまうと、違法になるので、浴場には書かれていないかもしれません。
岩盤浴の効果のひとつの赤外線効果は、人の身体の細胞を活発にする効果のことです。光(電磁波)は波長の長さによって分類されていて、遠赤外線は熱線といわれる熱的作用の強い電磁波です。赤外線効果によって、体温が上がると、免疫力もあがるといわれています。

岩盤温浴は外傷の後遺症、脳卒中後遺症、小児麻痺、ムチ打ちの後遺症などにも、即効性はありませんが、痛みを和らげて、回復を早める効果があるといわれています。体温を上げて免疫力を高めたり、細胞を活性化させたりすることで、治りをよくするんでしょうね。
岩盤温浴の入浴後の注意点としては、岩盤温浴前、岩盤温浴している間、岩盤温浴後に、しっかりと水分補給を行うことです。脱水症状になると、デトックスして毒素を排出するどころか身体に負担をかけてしまうことになってしまい、逆効果になりかねません。
岩盤温浴後は水分をとることも大切ですが、体温の急激な変化を避けて、身体にショックを与えないことも重要です。水風呂に入るなんてもっての他ですし、冬などの外が寒い時期には、休息して時間をおき、いきなり外気にふれないようにしましょう。
岩盤浴は遠赤外線とマイナスイオンの効果で身体を均一に温めて、自立神経やホルモン系の活動を促進します。代謝をあげることで、日常の消費カロリーも増して、ダイエット効果につながります。血液をサラサラにしてくれる効果もあります。いいことづくめの岩盤浴を利用しないでいるのはもったいないですね。

岩盤浴で寝そべっているときには、なるべくリラックスして、アルファ派がでている状態になると効果が高まります。ゆったりとした呼吸で、楽しいことだけ考えましょう。リラクゼーションを促進する音楽をかけている施設が多いのはそのためですね。
posted by 岩盤浴 at 02:04 | 岩盤浴
sponsored link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。