sponsored link

岩盤浴は水や蒸気から天然石へと発想を変えることによって、より手軽に、より効果が高く、リラクゼーション効果とデトックス効果を実現できるようになりました。温かい石にねそべっているだけで、自然の力で汗がかけて、毒素を排出できるなんで、夢のようで



岩盤浴は水や蒸気から天然石へと発想を変えることによって、より手軽に、より効果が高く、リラクゼーション効果とデトックス効果を実現できるようになりました。温かい石にねそべっているだけで、自然の力で汗がかけて、毒素を排出できるなんで、夢のようですね。
岩盤浴ってもうブームを通り越して、定番化していますよね。昔のサウナのように、今後ますます普及していくと思います。岩盤浴は身体への負担が少ないのに、温泉やサウナなどのような効果、もしくは、それ以上の効果が得られるので、リピーターが多いのも特徴でしょう。
岩盤浴で使用する岩盤の原料の中でも、神黒石(黒煙ケイ石)にはマイナスイオンが豊富にふくまれていて、血液の浄化作用、細胞の賦活作用、抵抗力の増加、自律神経の調整などの効果があるといわれています。でも、あまり効果があるとうたってしまうと、違法になるので、浴場には書かれていないかもしれません。
岩盤浴の際に岩盤から出ている赤外線は、波長が4〜14μmくらいの波長帯の「育成光線」と呼ばれているものです。この育成光線は人体や動植物の構成物質の共鳴吸収波長域を担当しています。この育成光線によって、寝そべっただけで、元気になったり、リラックスできたりするわけですね。
岩盤浴に使う岩盤には、その施設によって、いろいろな石が使われています。中でも、北海道の上の国町から産出される「ブラックシリカ」という天然鉱石は、身体を均一に温めることができます。代謝をあげることができるので、ダイエット効果があるといわれているのですね。
岩盤温浴によって期待できる効果としては、病後の疲労回復や神経痛、リューマチなどの神経系疾患、胃潰瘍、胃弱などの消化器系の疾患、肝臓などの新陳代謝疾患、高血圧・低血圧の循環器系疾患などがあります。あまり重度の持病を持つ場合は、入浴前に医師に相談した方がいいでしょう。
岩盤温浴の入浴後の注意点としては、岩盤温浴前、岩盤温浴している間、岩盤温浴後に、しっかりと水分補給を行うことです。脱水症状になると、デトックスして毒素を排出するどころか身体に負担をかけてしまうことになってしまい、逆効果になりかねません。
岩盤浴の際にとる水分は、お茶やジュースではなく、ミネラルウォーターがベストでしょう。それも、冷えたものでなく、室温よりやや高めのものがもっとも身体に負担をかけません。冷たいお水をきゅーっと飲んだりすると、内臓に負担をかけてしまいます。もちろん、ビールは水分には含まれません。
岩盤浴は循環器系などに持病のある方は医師への相談が必要ですが、サウナなどよりは、身体にかける負担が少ないので、年配の方にも喜ばれています。横たわるだけで、とくに息苦しいこともなく、リラックスできるのが、岩盤浴の魅力の一つでしょう。

岩盤浴で寝そべっているときには、なるべくリラックスして、アルファ派がでている状態になると効果が高まります。ゆったりとした呼吸で、楽しいことだけ考えましょう。リラクゼーションを促進する音楽をかけている施設が多いのはそのためですね。
posted by 岩盤浴 at 09:22 | 岩盤浴
sponsored link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。